てんこ盛りの夏のイベントも終わり…

仕事モードの秋に突入(`_´)ゞ

GIA G.G.(米国宝石学会修了)らしく狎亅瓩里話でも…

画像の赤い石爛襯咫辞瓩任后

金属のたくさんのパーツで構成される時計ですが、歯車やゼンマイなど可動部分には猖猝廰瓩箸いμ簑蠅つきものです。

オーバーホールなど定期的なメンテナンスによって緩和されても、摩耗は避けられない問題です。

歯車の輪列を固定する地板が摩耗することを避けるために歯車の軸受けや、にルビーなど硬度の高い宝石を入れる事が考え出されました。

アンティークBREITLINGの懐中時計です。

約100年前のレオン・ブライトリングの頃の懐中クロノグラフ🕛

優しい色合いの天然ルビー♡



爛襯咫辞瓩慮鏡



産地や採れる鉱山などによって、含まれる成分や生成過程が違い色あい・彩度・明度などが異なり、同じ名前の色石もかなり印象がかわります。
爛襯咫辞瓩砲靴燭蘊しピンクっぽいかな?




ダイアモンドにはグレーディングレポート(昔で言う鑑定書)がご用意できますが、色石には通常つきません。


色石にも爛哀譟璽畢瓩和減澆靴討い泙垢里如▲廛蹐諒石商にご確認くださいませm(_ _)m


犂嬖冥餃瓩呂△までもその石が何であるかを鑑別した結果が書いてあります。
天然であれば「天然ルビーである。」と記載され、人工的につくられたルビーなら「合成ルビーである。」と記載されます。


1900年代初期にベルヌイ合成ルビーが開発され、国内の百貨店も爛襯咫辞瓩箸靴独稜笋気譴討い燭修Δ任后

合成ルビーは安定した環境の中で生成されるので不純物や内包物が少なく、透明感が高く派手な色のものが多く、天然では稀なサイズも当たり前にできたりします。


ルビーって、こんな色でしょ?
現在の時計に使われるルビーは人工的に作られた犢臉ルビー瓩任后


時計のカタログに「17石」「38石」とか
表記されるのは、このルビーの数の事です。


昔には天然ルビーやダイアモンドも使われたようです。


合成ルビーの懐中クロノグラフ画像のメカニズムに反応された方いらっしゃいました?


相当なマニアかとお察しいたします。


現物も店頭にございますので、遊びにお越し頂き、ご鑑賞くださいませm(_ _)m



山陰海岸ジオパークこうのとりチャレンジライドのスタートε=┌(; ̄◇ ̄)┘

ゼッケン番号がなぜか…

1114「いい石」\(^o^)/



「宝石商らしく仕事しなさい!」



ってコトかと思い、久々の宝石ネタ_φ(・_・



マダマダ老いぼれられられない4代目 52歳、夏の終わり…