DSC_0317




















昨日、宵田区長として犒貧靴瞭瓮潺奪轡腑鵑任討鵑討撹颪い靴織轡礇船隋璽泪鵝( ̄д ̄;)ノ=3


おかげさまで、たくさんの人生の先輩たちとお話する事ができましたm(_ _)m


先日、シルバーダイヤルのBREITLINGをネタUPさせていただきました



本日は、本当にシルバーで作られたBREITLINGをご紹介します(`_´)ゞ


トップの画像が それっ!



って、ブランド銘入って無いしッ!



と、言われそうですが…



レオン懐中内部580







二重になった裏ブタの内側にはBREITLING瓩旅鎔が!


100年以上昔のVintage BREITLING ☆彡


コラムホイール☆


水平クラッチ?


ポケットウォッチならではの大きさで、老眼入って来たシャチョーマンにも肉眼でムーブメントを楽しめます(^O^)/



レオン懐中L-Br刻印











L.BREITLING 瓩旅鎔も記されています。


創業者のレオン・ブライトリングの頃の製品かと思われます。




         
今年、BREITLINGがクロノグラフに独立したプッシュボタンを誕生させて100年を迎えました。


Basel World 2015において、その偉業100周年を記念し、TRANSOCEAN CHRONOGRAPH 1915が世界1915本限定で発売されました。




1915年、2代目 ガストン・ブライトリングはリューズと独立したプッシュボタンによりクロノグラフの3機能 スタート、ストップ、リセットを行う革命的なアイデアを実現しました。


そして 1923年、スタート、ストップを独立した2時位置のボタンで操作し、リセットをリューズで行うシステムを開発。




1934年、3代目 ウィリー・ブライトリングがリセット専用の第2プッシュボタンを開発し特許登録。





敬老の日も終え、お彼岸にも突入したので…




BREITLINGのご先祖様ネタもUPさせていただきましたm(_ _)m


で、大安吉日お日柄もよく 新しいメガネをおろして御機嫌なシャチョーマンですψ(`∇´)ψ